ホーム八雲病院について > 院長あいさつ

院長あいさつ [八雲病院について]

院長 石川 幸辰

平成17年5月1日より八雲病院長を拝命しております石川幸辰(いしかわゆきとし)でございます。当院は、入院病床は240床、筋ジストロフィー120床、重症心身障害児(者)120床あり、北海道随一の小児期発症神経筋疾患の専門マネジメントセンターです。当院の基本理念は「良質な医療を提供し、ヒューマン・ケアを目指す」、療育方針は「生活の質(QOL)の向上と社会化された健全育成」です。コンパクトで機動性に富むインテリジェント・ホスピタルを目指しています。また、当院の特色として、呼吸療法認定士の資格を持つ理学療法士、作業療法士、看護師、臨床工学技士、専任リスクマネージャーや児童指導員、保育士など多職種のチーム・アプローチにより神経筋疾患、重症心身障害児(者)の専門マネジメントを実践する点にあります。また、患者さんが病気療養をしながら学校教育を受けられるように北海道八雲養護学校を併設しており、どんな障がいのある児童にも十分な専門教育を提供できる点にあります。診療の中心をなすデュシェンヌ型筋ジストロフィーについては、北海道の症例の多くが当院の医療サービスを受けています。このため、最近の国際ガイドラインに推奨されている非侵襲的人工呼吸療法や器械による咳介助を早期より導入しており、当院の多職種で2004年に執筆した「非侵襲的人工呼吸療法ケアマニュアル〜神経筋疾患のための〜」は、2005年に英語訳、2013年にイタリア語に訳され、世界各地で活用されています。今後とも、当院を宜しくお願い申し上げます。

院長 石川 幸辰

【院長略歴】
昭和56年 札幌医科大学医学部卒業
昭和57年 北海道大学医学部癌研生化学教室
昭和60年 札幌医科大学大学院卒(小児科学専攻)
昭和60年4月より 国立療養所八雲病院小児科勤務
昭和60年11月〜昭和63年3月 米国ルイジアナ州 Tulane大学医学部生化学教室
昭和63年4月より 国立療養所八雲病院小児科勤務
平成元年6月 小児科医長
平成10年1月 副院長
平成16年4月 国立病院機構八雲病院 副院長
平成17年5月 国立病院機構八雲病院 院長

小児科専門医、小児神経専門医、臨床遺伝専門医・指導医、認定産業医

独立行政法人 国立病院機構 八雲病院
〒049-3198 北海道二海郡八雲町宮園町128  TEL 0137-63-2126  FAX 0137-64-2715
Copyright © Yakumo National Hospital. All Rights Reserved.