ホーム関連情報倫理審査委員会 > 委員会審議録 〜 委員会審議 平成25年10月8日

委員会審議録(倫理審査委員会) [関連情報]

■ 委員会審議 平成27年10月21日

申請者 小児科医長 石川 悠加
申請課題 1 筋ジストロフィーの臨床試験におけるアウトカムメジャー研究
研究の概要

(目的)
デュシェンヌ型筋ジストロフィーの臨床試験における信頼性および妥当性の高い運動機能評価法として、6分間歩行に代わるアウトカムメジャーを作成する。

(対象及び方法)
当院外来に受診しているデュシェンヌ型筋ジストロフィーと確定診断された6歳以上12歳未満で歩行可能な男児を対象に、運動機能評価として、ショートタイムドテスト:@床からの立ち上がり、A10m走行/歩行、BTimed Up & Go テスト、ロングタイムドテスト:@2分間歩行、A6分間歩行、ハンドヘルドダイナモメーターを使用した定量的筋力評価:@股関節屈曲・伸展、A膝関節屈曲・伸展、B足関節背屈・底屈を実施する。運動機能評価は、各被験者に対し、@ベースライン、Aベースラインの4~6週後の2回実施し、測定結果をもとに、@Test-retest reliability(再テスト信頼性)、AConcurrent validity(併存的妥当性)、BMinimal clinically important differences; MCIDs(最小変化量)を検討する。

判定 承認

石川副委員長は申請者のため審議委員外

申請者 血液主任 青蛛@智幸
申請課題 2 デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の呼吸耐力予備指数(BITI:Breathing intorerance index)による呼吸ケアガイドの可能性
研究の概要

(目的)
BITIがDMDの呼吸不全の指標として有用なスクリーニング検査であるかを検証する。

(対象及び方法)
現在までにBITI測定において、述べ2000件を超すデータの蓄積がある。その膨大なデータ解析からDMDの経時変化の追跡や測定体位の測定結果への影響、さらにNPPV使用時間との関係について解析する。

判定 承認

 

戻る >

独立行政法人 国立病院機構 八雲病院
〒049-3198 北海道二海郡八雲町宮園町128  TEL 0137-63-2126  FAX 0137-64-2715
Copyright © Yakumo National Hospital. All Rights Reserved.